1. HOME
  2. レッスン
  3. YF-2『ヨガ&ヴィーガン、時々。』ーヴィーヨガン講座ー

YF-2『ヨガ&ヴィーガン、時々。』ーヴィーヨガン講座ー

待望のヴィーガン料理とヨガレッスンのコラボレーションが実現しました。
ヨガをして、プロの調理によるヴィーガン料理のランチをいただいて、その実演講座で食したもののつくりかたを学ぶという、からだが喜ぶ3つのおいしさ。
自然を大事にするヨガ的エコロジーを考えながら。
それもシリーズ化が決定です。わくわくしすぎて「ヴィーヨガン」なんて造語まで考えました。笑

まずは75分のハタヨガ 。
テーマと講師は毎回変わったり、変わらなかったり。
良い汗を書いて、手を洗ったら…それから2時間はお腹を軽やかに満たすヴィーガンランチと実演講座です。

ケータリングと調理実演担当は、東近江市横溝町にあるテイクアウトやケータリング専門のヴィーガン・フードカフェのココココビヨリのオーナーシェフでありヴィーガン料理研究家のmasacoさん。
Matangi Yoga and Lifeのために、季節のお野菜を使った、想像をはるかに超えた演出を凝らしたヴィーガンランチのケータリングランチをご用意くださいます。

それも、お飲みもの、お食事、スイーツまでたくさんのメニューがテーブルにずらっと!
こちらは2019年10月26日に行われた第1回目のときの写真です。三ヶ月に一回開催予定です。

調理実演では、食したもののなかから、おうちでもできるレシピとつくりかたを学びます。
質問や、他のおいしいお惣菜のつくりかたもこの際聞いてみちゃいましょう。
この間、だいたい2時間を予定しています。ヨガと菜食がからだのなかでどうつながるかを知って、この機会にお腹と知識を膨らましましょうね。

ご予約は当ページから、あるいはココココビヨリさんのインスタグラムからDMで、
また直接カフェスタンドに行かれたときにもお申し込みいただけます。
その際は勝手ながらMatangi Yoga and Lifeとお客様情報を共有することにご同意いただきます。ヨガに初めてお越しの際は、アクセス、お持ちもの、初めての方へのご注意事項をお読みくださいませ。

ご注意!暖房費とキャンセルポリシー:冬季は、300円の暖房費をいただきますことをご了承ください。また、この講座に関しては、食材の準備・仕込み等で前もって人数を把握する必要がありますので、キャンセルのご連絡は3日前までにお願いします。1日前と当日のキャンセルは大変申し訳ないのですが、ご受講費の50%を後日いただくことになります。体調が崩れる時期にはどうかご自愛を。日曜だったら木曜中にキャンセルのお手続きか電話等でご連絡をくださいね。

ちいさなおねがいー

ヨガの前に現金でお支払いください。もしよろしければ「マイお箸」と「マイお皿」をお持ちください。遠くの方や、お皿はなんでもよいわーという方や、忘れたーという方には、たくさんお皿はご用意してありますのでご自由にお使いいただけます。最後はご自分のお箸やお皿をきれいに洗っておかえりいただけます。

今後の予定は、LINEにご登録の方にご予約開始情報などいち早くお知らせできますのでぜひMatangi Yoga SachikoのLINE登録をお願いします。Matangi Yoga and Lifeの広告フライヤーにQRコードが載っていますのでお使いください。

10月に行われた際のフライヤーはこちら。

ヴィーガンとは、動物性の素材を一切使わない菜食のこと。それを習慣づけている人のことも指します。

ヴェジタリアンとは、菜食を習慣にしていることや人を指しますが、そのなかでもさまざまな選択肢があって、例えばお肉は控えて魚は食べるタイプや、乳製品なら摂るラクト・ヴェジタリアン、調理しない生の野菜しか食べないローフード・ヴェジタリアンなど、厳格さや体の調子を整えるためのさまざまな方向性があるのですが、この「ヴィーガン」はお肉、お魚、乳製品などの動物性の食材や調味料などを使わないタイプになります。

つまり、禅寺の精進料理と方向性は似ているのですよ。精進料理はさらに、お坊さんの修行中にいただくものとして発展してきたため、食欲を刺激しないようにネギやにんにくを使わないとか、川に捨てられたようなくず野菜を用いたかのように根菜の切り方を丸のまま輪切りにするという演出(?)をしたり、野菜の切れ端や皮なども無駄なくつかうという信念があったりなど、宗派や修行道場や地域によって違いますが、このような食文化もとても面白いですね。

レッスン名
YF-2『ヨガ&ヴィーガン、時々。』ーヴィーヨガン講座ー
ヨガ難易度
★★☆☆☆
美味しい度
★★★★★
健康学び度
★★★★★