1. HOME
  2. お知らせ
  3. RYPT85 マタニティ&産後ヨガ講師養成講座 申込み受付開始

RYPT85 マタニティ&産後ヨガ講師養成講座 申込み受付開始

2023年1月、マタンギヨガスクールは、座学オンラインと実践オンサイト実習を併用しマタニティヨガ講師を育成する『RPYT85 マタニティヨガ・ティーチャー・トレーニング』を開講します。マタンギではこの85時間に産後ヨガ23時間をあわせ『産前産後108』と呼び、産前・産後を通して安全にヨガを教える先生の活躍を後押しする講座を組み立てました。全米ヨガアライアンスの厳しい審査を通ったオリジナルメソッド、オリジナルテキストを使用した、無駄なく充実した女性の心身についての学びとなります。

一括受講で早くお安く、あるいは単体受講でマイペースにRPYTを取得したり、興味あるコースをRYT500に積み重ねすることもできる、便利なコースです。

まずはRPYT85についてご説明します。全米ヨガアライアンス認定のマタニティヨガ ティーチャー トレーニングコースはRPYT85(Registed Prenatal Yoga Teacher: 85 hours)という名称で世界的に有名です。妊娠中の女性のからだとこころについての理論学習に、ヨガポーズやクラスの流れを実際に学ぶ実践課題を含めたオンライン3日を含む9日間85時間の確かな学びです。

マタニティ期は、女性とあかちゃんとご家族にとって大事な時期で、妊娠中の女性にとって適度な運動の大切さは産科の医師も公言しています。ただ、妊娠中のからだとこころの繊細さを知らずに、運動してしまうリスクは想像以上に高いのです。そしてさらに産後の子育てや家事には、安全なリカバリーと体力が必要になります。ヨガの先生なら、ご自分のクラスに妊娠中期の方が来たとき、お断りしますか? 受け入れるなら安心安全なヨガを提供できますか? もしご自分が妊娠したら、するべき運動を自分に課せますか? 赤ちゃんと一緒に行くところが少ないママがヨガを楽しめる機会をつくりたいと思いませんか? 実は、マタニティヨガを妊婦さんが自分で行ったり、産後の運動をしたり、さらにはマタニティヨガや産後ヨガを指導するには、たくさんの知識と十分な経験が求められます。

マタンギヨガのRPYT85では、オンライン指導者養成講座では補いきれない、充実したマタニティ期の姿勢調整やヨガの効果などをしっかりと提供します。 さらに出産からのリカバリーに効果を発揮する「産後ヨガ」を学ぶ23時間を足して、オリジナルテキストを準備し、『産前産後108』:全108時間の講座として構成しました。プログラムと日程は以下の通りです。

Matangi Yoga School 2023
RPYT85 + 産後ヨガ23 火曜コース開講日程(Day1~12: 9:00~16)
Day 1: 1/10  マタニティ理論1(オンライン受講可能)
Day 2: 1/17  マタニティ理論2(オンライン受講可能)
Day 3: 1/24  ニュートラル理論:解剖学をベースにした姿勢調整と骨盤(オンサイト)
Day 4: 1/31  マタニティヨガ実践1:祈りと瞑想、呼吸法(オンライン受講可能)
Day 5: 2/7 マタニティヨガ実践2:アーサナ
Day 6: 2/14  マタニティヨガ実践3:アーサナ
Day 7: 2/21  自律神経調整ヨガ&ヨガニドラー
Day 8: 2/28  マタニティヨガ ティーチング1:ヨガビジネス
Day 9: 3/7   マタニティヨガ ティーチング2:オンラインヨガ指導 総評 修了式

Day 10: 3/14 産後ヨガ理論 ・産後こころのケア(オンライン受講可能)
Day 11: 3/21 産後ヨガ実践:アーサナ & ティーチング1
Day 12: 3/28    産後ヨガティーチング2、ビジネス、総評、修了式
    4/4 予備日

◎一括受講(税込価格)
RPYT85(9Days)  定価 178,200 
RPYT85+産後23 (12 Days): 定価 237,600 →  割引価格 216,000

◎単体受講
① マタニティ理論2日間 39,600
② ニュートラル講座 1日間(3h+3h) 19,800
③ マタニティヨガ実践4日間:技術編(①②修了必須) 79,200
④ マタニティヨガティーチャートレーニング2日間:指導編(①②③修了必須)39,600
⑤ RPYT 85  9日間(理論&技術&指導) 178,200
⑥ 産後ヨガ23時間ティーチャートレーニング3日間   59,400
⑦ RPTY 85+産後ヨガ23 12日間 237,600 → 216,000
*マタンギヨガスクールでRYT200を修了された方は、②は必須ではありません。

2023年度はコロナ禍特例措置により、理論・座学はオンラインでの受講が可能ですので、その措置を利用し、おうちで3〜4日間の学習ができますが、ヨガポーズを学んだり、実際に指導や補助(アジャスト)を行う機会は対面講座でしか本番さながらの実践経験は積めません。その2パターンを上手に使い、プログラムが構成されています。

今回は火曜だけですが、2023年度は2〜3回の開催を予定しています。ぜひ一気にでも、少しずつでも、ご自分のペースに合わせてご受講ください。

全日程を出席しすべての課題を修了した方には、2つの修了証をお渡しします。
1. RPYT85のマタニティヨガ・講師養成トレーニングコースを終えたことを証明する修了証
2. マタンギヨガスクール 産後ヨガティーチャー・トレーニングコース修了証(こちらはRYT500およびYACEPという継続教育講座の対象クラスです。)

マタンギヨガのティーチャー・トレーニングでは、理論と実践が豊富な内容の理解がなされ、十分なマタニティヨガの実践練習を終えたことに自信を持って、マタニティヨガ講師としてのキャリアを積んでいただけます。ぜひこの機会に、骨太なオリジナルテキストと、指導法に長け、解剖生理学的知識や指導法に加えて大事なヨガ実技についての実践経験豊富な2名の講師から、たくさんのことを学んでくださいね。

講師
Sachiko: RPYT, RYT500。マタンギヨガ・プログラム・ディレクター。女性のこころとからだの密接で繊細なつながりと健康をヨガで整えられるように、マタンギヨガにて二年間マタニティ&産後ヨガの指導を続けている。
Makiko: RPYT(申請中), RYT200。元中学校教師、3児の母。マタンギヨガにてSachikoと週替わりで、マタニティヨガ&産後ヨガ指導中。喜びや心配事も含めて、産前産後に経験したことを参加者みんなが分かち合えるヨガの現場づくりを心がけている。

☆マタニティ・産後ヨガ・ティーチャー・トレーニングコース(産前産後108: RPYT85 & 産後23) お問い合わせ/お申し込みはこちら。

 

 

お知らせ

お知らせ一覧

サイト内検索